ロシアに隕石!




遅くなりましたが、2月の新月のソウルヒーリングありがとうございました!
次回は、またご案内します。

ところで、ロシアのウラル地方チェリャビンスク州でで隕石落下したんですね。
映像の最後の方は、かなり近くで撮影されていて、音がすごいです。

ロシアに落下した隕石(いんせき)の大きさについて、米航空宇宙局(NASA)は15日、大気圏突入前の段階で直径15メートル、質量7千トンだったと推定される、と発表。と、すぐに修正1億トンだったかな(笑)
小惑星の通過とは関係なかったみたいですね。

もしかしたら人工衛星の宇宙ゴミ?なのかと思ってしまった(苦笑)

NASA artist's image show plotting of sattelites that orbit the Earth.

これはイメージらしいけど、本当はどうなっているのか?
NASAは、あんなに遠い星の写真や銀河を鮮明に撮ることができるのに、
なぜこれは、イメージCGなのか謎です(苦笑)

地上の空気や空も長年のケム活動や放射能漏れや中国のPM...残念だけど、大気汚染は酷い状況なので、マスク必須です。

隕石に戻るけど、6回も隕石が自宅に直撃した人は、迷惑そうだけど、
すごい確率(笑)

ここ2、3年で自宅に何個もの隕石が落ち、自分はエイリアンから狙われていると称する男性の家に6個目の隕石が落ちた。
  Radivoje Lajicさん(50)が国際的に注目されだしたのは2008年、5回目の隕石がGornji Lajic村にある家の屋根を突き破ったときだ。そして前月、2007年以来6度目の隕石の衝突に見舞われた。
ベオグラード大学の専門家は、落ちてきた石は全て隕石だと確認した。
そしてなぜ彼の家に隕石が集中するのか解明に取り組もうとしている。

隕石の落下は晴天の時には起きず、決まって豪雨のときにおきるとLajicさんはいう。
「まちがいなく俺は異星人に狙われてるよ。」
「俺を的にしてゲームをしてるんだ。なぜそんなことをするかわからないけどね。雨の日は隕石が怖くて眠れないよ。」と彼は語った。


6回も直撃したら、そう思うかも(苦笑)